キンモクセイ 歌詞タイピング

ランキング

公開日:
更新日:

プレイ回数

2

オレンジスパイニクラブのキンモクセイ

用語一覧(40件)

001

溜まりに溜まって、また迷惑かけて

たまりにたまってまためいわくかけて

002

無邪気が過ぎた僕を叱って

むじゃきがすぎたぼくをしかって

003

ああでもないこうでもない

ああでもないこうでもない

004

君に愚痴吐いて生き間に合ってる

きみにぐちはいていきまにあってる

005

坂道の途中でぶちまけたサイダー

さかみちのとちゅうでぶちまけたさいだー

006

襟をつまんで揺らしてる

えりをつまんでゆらしてる

007

生ぬるい風で汗は乾いてく

なまぬるいかぜであせはかわいてく

008

信号のない十字路二人で話した

しんごうのないじゅうじろふたりではなした

009

日が暮れるくらい呆れるくらい

ひがくれるくらいあきれるくらい

010

信号のない十字路

しんごうのないじゅうじろ

011

君は反対方向を見ていたずっと見ていた

きみははんたいほうこうをみていたずっとみていた

012

やっぱビビっときてるよ 君のイメージ金木犀よ

やっぱびびっときてるよきみのいめーじきんもくせいよ

013

香りまで妄想しちゃうなんてバカね

かおりまでもうそうしちゃうなんてばかね

014

夏の終わりの初夏の気温は気持ちをとっくにのせてた

なつのおわりのしょかのきおんはきもちをとっくにのせてた

015

最高 あんた最高

さいこうあんたさいこう

016

グッときた心臓バンっと割れる

ぐっときたしんぞうばんっとわれる

017

前髪で隠さないで 君はいつも言う

まえがみでかくさないできみはいつもいう

018

目つきの悪い僕の目 みるのは少し斜め

めつきのわるいぼくのめみるのはすこしななめ

019

ゴミで溢れた部屋で思った

ごみであふれたへやでおもった

020

握ってたいのはスマホじゃないあんたの右手だ

にぎってたいのはすまほじゃないあんたのみぎてだ

021

言うことは単純だけど今じゃ出来てるアイコンタクト

いうことはたんじゅんだけどいまじゃできてるあいこんたくと

022

体温すらも一目で分かる

たいおんすらもひとめでわかる

023

夏の終わりが寂しいなんてはとっくのとっくに消えてた

なつのおわりがさみしいなんてはとっくのとっくにきえてた

024

最低すら最高

さいていすらさいこう

025

ギュッとなる心臓パッと晴れる

ぎゅっとなるしんぞうぱっとはれる

026

ハルが酔ってみているような

はるがよってみているような

027

黄色っぽい映画のその先を

きいろっぽいえいがのそのさきを

028

君の歩いたスピードを思い褪せて焦っていく空

きみのあるいたすぴーどをおもいあせてあせっていくそら

029

やっぱビビっときてるよ 君のイメージ金木犀よ

やっぱびびっときてるよきみのいめーじきんもくせいよ

030

香りまで妄想しちゃうなんてバカね

かおりまでもうそうしちゃうなんてばかね

031

夏の終わりの初夏の気温は気持ちをとっくにのせてた

なつのおわりのしょかのきおんはきもちをとっくにのせてた

032

最高 あんた最高

さいこうあんたさいこう

033

グッときた心臓弾け飛んだ

ぐっときたしんぞうはじけとんだ

034

やっぱビビっときてるよ 君のイメージ金木犀よ

やっぱびびっときてるよきみのいめーじきんもくせいよ

035

香りまで妄想しちゃうなんてバカね

かおりまでもうそうしちゃうなんてばかね

036

夏の終わりが寂しいなんてはとっくのとっくに消えてた

なつのおわりがさみしいなんてはとっくのとっくにきえてた

037

最高もう最高

さいこうもうさいこう

038

グッときた心臓バンっと割れる

ぐっときたしんぞうばんっとわれる

039

溜まりに溜まって、また迷惑かけて

たまりにたまってまためいわくかけて

040

無邪気が過ぎた僕を叱って

むじゃきがすぎたぼくをしかって

タイピングのランキング

ランキングがまだありません。プレイしてランクインしよう!

コメント

※誹謗中傷、不適切なコメントはお控え下さい。
※コメントするには、ログインが必要です。
コメントはありません